2008年12月21日

オタク 芸術

先日知り合いのスカイプ友達からトウキョウで行われる「ゲイサイ」にいっしょに出展しないかという話がきた。村上隆が主催するおそらく現在日本で最大の芸術のイベントだと言っていいと思う。

中学のときに自称オタクが同級生にいた。とてもねちっこくイヤな性格の部分もあったが人の指摘がやたらと的確でときにはクラスのヤンキーたちもビビることがあったぐらいだ。嫌われるというより不気味と思われてたかもしれない。そのころから僕はオタクというのに奇妙なパワーを感じていたのだ。彼と僕は同じパソコンのMSXもっていたのでゲームの話題とかでよく盛り上がった。

中学を卒業して彼とは違う高校へと進んだ。それから僕は高校の美術部に所属し美術の世界にどっぷりと漬かっていくことになる。
高校2年生の時にカレと偶然駅であったことがある。僕は仰天した。カレが恐ろしいほど痩せていたのである。中学のころは太っていたのでよくそのことでからかわれていたのだ。僕はびっくりして「なんやん、めちゃくちゃやせたやん」って声をかけると彼は僕の顔を見るになり逃げていったのだ。僕はわけがわからず、相変わらずよくわからんやつだ、、、と思いながらも奇妙な感覚を記憶に残した。

僕が二十歳になるころ昔の友達と偶然道であってそのオタクのカレの話になった。カレが自殺した、、、という話だった。僕はびっくりした。カレはいつか絶対世界に仕返しをするだろうと僕は心底思っていたのだ。そいう野心をもってると思ってたのだ。

いまやオタクは日本を代表する大きな産業となり日本経済を引っ張る市場とまでなった。もしカレが生きていたらどうなったんだろう、、とふっと、、ただふっとだが思う。しかしそこに答えを出そうとすると気が抜けていく。
このような文章を書けるようになったことになんらかの節目を求めてる自分もいるがそのようなものはないのではないかと最近は思う。

ゲイサイに出すかどうか迷っている。トウキョウという遠さもあるしお金の問題もある。これはチャンスだ、、といわれれば避けてしまうのだ。一生に一回ぐらいの感じで出してみてもいいかもしれない、、とは思うのだが。

2008年12月16日

裏山の公園に散歩

うちから徒歩一分たらずで裏山の公園があってよくそこに犬と散歩にいきます。たまには写真でもよってみようかと思って撮ってみました。オレンジ色の夕日に照らされる木々が美しい。

送信者 フォト


送信者 フォト

送信者 フォト


送信者 フォト

2008年12月12日

マイブログ機能がいい!!

このブログの右下のところに「マイブログリスト」という項目があると思うのですが、これがなかなか優秀な機能だ。自分がよく購読するブログを登録することによって更新された順に上からタイトルと内容文の一部を表示してくれる。登録の方法もかなり簡単で登録したいブログのアドレスを追加するだけでブログ名を自動で取得してくれる。しかも世界中にあるブログサービスを超えて登録できるところがとても良い。

雪が降る

先日福岡にも雪が降る。12月に雪が降ったというのは久しぶりかもしれない。玄関のさきの小さい壷に雪溶け水がポタポタしたたりおちていた。空気は冷たく新鮮だった。

送信者 フォト


送信者 フォト

2008年12月9日

空白が神経に痛いのです

真っ白というのは非常に強力なもんであるとは思う。これまでそれを意識してやってきましたが少し違う色にしてみました。

送信者 2008


送信者 2008

2008年11月24日

油絵の具で苦戦してます

先日油絵の具を触り始めたのですが想像以上に乾燥が遅くかなり戸惑ってます。ペンティングオイルのせいでもあると思い色々調合しました。スーパードライブメディウムというチューブ入りがあってそれを混ぜることによってかなり乾燥が速くはなったのですがトロトロ状態でやたらと色が薄くなるためどう対処しようかと模索してます。素直にスーパーペインティングオイルスペシャルを買えばよかったなあと後悔してます。これも経験ということで色々試していきたいと思ってます。それにしても油の発色は凄いもんがあります。

2008年11月20日

2008年11月19日

原 崇浩さんの写実感


福岡県の久留米市にある石橋美術館で年に一回おこなわれる青木繁公募展というのがあって日本中からプロ、アマ問わず作品が集まるのですが僕が二十歳ぐらいのときに大賞を取った原 崇浩さんの情報がWEBにあったのでリンク。僕の絵を見て、こいう絵もみるんだーって思われるかもしれませんが基本どんな作品でも僕は見ます。今僕がやってる技法も底辺にはいろんな源流があるんです。それは西洋だったり東洋だったり、はたまた日本の古代であったり。写実主義というのも色々実はあるんです。ちょっとこれからは写実主義を色々研究していってみたいと思ってる。

2008年11月18日

作品

キャンバスに最近取り掛かってます。油は久々使ってみたものの乾燥の遅さにイライラしてます。
キャンバス布に油性、水性マジックで描いたのに今後の発展がありそうな気がします。自分でいうのもなんですが美しいです。

送信者 フォト


送信者 フォト


送信者 フォト

ARTLINKに色々追加してます。

ブログをはじめて3週間ほどなりますが色々リンクを追加してます。
前からネットで芸術系の本だけを扱ったサイトはないもんかと色々探してましたがこのショッピングサイトが一番情報の量も多いとみました。

リサ・ランドール 異次元への招待

物理学では素粒子というのは最小の物質となっててその素粒子と素粒子が衝突するとその素粒子の量が減ってしまうという現象を解き明かそうとしてる人です。


2008年11月17日

最近ネットでいろんな方の作品を見まくってます。

ARTメーターという絵の量り売りサイトがあるんですがそこに登録されてるsyoziさんの絵。


とてもいいと思います。ハイ


2008年11月15日

ちょっとお金が入ったんで明日画材を買いにいきます

ちょっとお金が入ったんで明日画材を買いにいきます。
油絵の具から長々と離れてましたがまた油絵の具を触ってみようと思います。
僕の作品スライドショーのとこをクリックするとWEBアルバムにリンクしてるのですが昔は油絵の具命だったんです。しかしあの黄色的な雰囲気しか出せない自分の技術がイヤになり、色々と材料を変えたりしてきましたが今ならまた違った油絵の具の使い方ができるのではないかと思います。

とにかくデカイのを描きたいんです。とてつもなくデカイのを。

最近の絵です

送信者 2008


送信者 2008


送信者 2008

2008年11月14日

坂本龍一1999 ライフオペラ

1999年におこなわれた「20世紀を総括する」というコメントのとおり坂本龍一のある種の集大成。大晦日のゴールデンタイムをこの公演のために3時間生中継というかなり大掛かりなライブとなりました。


2008年11月13日

作品(さくひん)

作品(さくひん)とは、作者の精神活動を通じて創作された表現物を指すことになる。
どのような状況であろうと自由は存在していて残念ながら不自由はどこにもない。不自由に取りかれてしまうことが不自由の始まるでもあるが、それが作品にならないわけでもない。芸術というのはつねに空洞であってありとあらゆるものを飲み込み空間である。そこにあるのはなんらかの「力」である。